コミテク研究所
since 1997

Communication & Technology Research Institute

「コミテク研究所」は、テクノロジーを活用した教育や「学び」に関する共同研究の「場」です。

主な活動

教育や「学び」に
関する共同研究
若手研究者の研究支援
教育や「学び」に
関する書籍出版

現在進行中のプロジェクト

  • 「Web(AIおよびメタバース)を活用した教師の再教育」プロジェクト
    メンバー:植木克美(リーダー)、中島平、渡部信一、金子弘行
    外部資金:科研費(2022〜2025)
    プロジェクトのサイト「エデュサポネット Educator Support Network
  • 「特別支援教育現場におけるAI活用」プロジェクト
    メンバー:藤野博(リーダー)、渡部信一、金子弘行
  • 高等学校「情報1」の授業研究プロジェクト
    メンバー:渡部信一(リーダー)、植木克美、金子弘行

メンバー

  • 代表:渡部信一(東北大学名誉教授・博士(教育学))
  • 副代表:藤野博(東京学芸大学教授・博士(教育学))
  • 副代表:植木克美(北海道教育大学教授・博士(教育情報学))
  • 協力研究員:中島平(東北大学准教授・博士(情報科学))
  • 協力研究員:三浦和美(東北福祉大学教授・博士(教育情報学))
  • 協力研究員:矢吹知之(高知県立大学准教授・博士(教育情報学))
  • 協力研究員:和史朗(東北福祉大学准教授)
  • 事務局:金子弘行(株式会社ディーアイケイ 取締役会長)
  • 東北大学・渡部信一研究室の博士課程修了生にもご協力いただいています。

沿革

  • 1997年

    渡部を代表として「コミュニケーション障害とテクノロジー研究会」が発足
    第1回研究集会を国立オリンピック記念青少年センターで開催

    その後、東北大学大学院教育学研究科の渡部研究室ゼミ、東北大学大学院教育情報学研究部の渡部研究室ゼミと合同で、毎月1回の研究会を実施してきた(「渡部研究室の修了生」サイトを参照)

  • 2017年

    発足20周年記念シンポジウム「新しい時代のコミュニケーションとテクノロジー、学びへの応用」を、札幌市産業振興センターおよび北海道真駒内養護学校で開催

  • 2023年

    代表の渡部が東北大学を退官するに当たり、「コミュニケーション障害とテクノロジー研究会」を「コミテク研究所」(コミュニケーション&テクノロジー研究所)に改名

研究成果

TOP PAGE