Research 《 渡部の研究 》

■ 渡部の研究テーマは?

研究テーマ

このことを探求するために具体的には、「よいかげんな知」「見えない能力(コンピテンシー)」および「しみ込み型の学び」を検討の中心に置きながら様々な「学び」の現場に関わる、ということを40年に渡り続けてきました。例えば・・・

研究テーマ

その他にも、脳損傷(失語症)の言語再獲得教育、ミュージカル俳優養成教育、ネット・カウンセリングなどのプロジェクトを実施してきました。これら様々な教育現場の「学び」を探求しながら、人間の「知」について考えてきました(詳しくは、各プロジェクトのサイトを参照して下さい。)

■ 渡部の専門分野は?

人間科学、認知科学、教育心理学、教育情報学・・・科学哲学

正直言えば、「専門分野は?」と聞かれると、とても困ってしまいます。脳損傷、特に失語症の研究をしているときには「脳科学」や「神経心理学」、自閉症の研究をしているときには「自閉症教育学」や「特殊教育学」、伝統芸能の研究をしているときには「民俗学」、ICT活用教育の研究をしているときには「教育工学」が専門ですと言えば周りの人はよくわかって下さいますが、私自身はどうもしっくりしません。私が本当に探求したいのは人間の「知」や「学び」に関してなので、これらの学問分野とは少し違います。あえて言うとしたならば、人間科学、認知科学、教育心理学、教育情報学・・・そして科学哲学あたりでしょうか。

現在、私が一番「興味を持っていること」は・・・

これからの「成熟社会(少子高齢化社会)」において、人間の「知」や「学び」はどうあるべきか? このことを、・・・
① 日本がこれまで長い間に醸成してきた「知」や「学び」を強く意識しながら検討してゆくこと、
②「最先端の人工知能(AI)研究」の成果を強く意識しながら検討してゆくこと。

つまり、「時間(成熟社会および最先端の科学技術)」と「空間(日本)」を強く意識しながら、人間の「本質的な深い部分」にアプローチしてゆきたいと考えています。

Projects

  • AI人工知能と教育プロジェクト
  • WT福祉とテクノロジプロジェクト
  • J日本の「学び」プロジェクト
  • Dデジタル活用教育プロジェクト
  • sスペシャル教育プロジェクト

TOP PAGE